スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categorie :スポンサー広告

Atelier Collages アトリエ紅-momi-さんでのWSご案内



*イメージクリックで拡大します


今回のテーマは、”バレンタインの贈物”

古き良き時代のフランス、

カラフルレトロなヴィンテージ素材に囲まれて

簡単な仏語会話を楽しみながら、

贈物にピッタリなカードやラッピングアクセサリー(半立体)

をコラージュでつくります





参加のみなさまには、こくりこより おやつ&お茶、

そして、サシェ ドゥ スュルプリーズ(お楽しみ袋)を

ご用意いたします☆彡











又、コラージュキット&ぽち袋などの紙モノの特別販売もいたします


材料、おやつ&お茶、お楽しみ袋込みのイベントです

手ぶらでいらしてくださいネ♬


会 期:2016年1月30日(土) 14-16時

講 師:Coklico*雛罌粟 / 造形作家

参加費:3500円(税込)

定 員:6名

★1/18現在、残席1名となりました

場所:アトリエ紅-momi-


会場は、2015年12月に茅場町のビルの一室にオープンした

アトリエ紅-momi-(旧カフェ紅)さんです

予約制のプライベートサロンとなりますので

ワークショップ参加ご希望の方は、

下記の必要事項を明記の上、coklico.fr(at)gmail.com 迄

お申し込みください


☆Facebookメッセージ、Coklico Hinageshi 宛でも承ります


A) 参加者名(代表者名)

B) 人数

C) ご連絡先(当日、連絡がとれるものをお願いします


Facebook イベントページ>>>
こくりこ庭園ワークショップ*早春2016 in Atelirer紅-momi-





スポンサーサイト
categorie :PROJETS

MIRAI ABSL- ベルギー震災遺児支援活動プロジェクト - 支援ご協力のお願い

ベルギーで震災遺児支援の為に地道な活動を続けている

MIRAI ASBL 主宰、木村寿子さんより

この度、2/26にルーヴァンラヌーヴ(ベルギー)で開催予定の

日本伝統技術/芸能を紹介するイベントと

そのプロジェクト支援のお願いに関するアナウンスが届きました


"ベルギーで震災遺児支援活動を継続する為の日本文化発信イベント"
https://readyfor.jp/projects/for-introduce-real-japan


ベルギーでこうした地道な活動を継続している貴重な日本人女性、

木村さんの存在を知ったのは、

震災直後に知り合い、友好的な交流のある

HELPJAPAN.BE主宰、Dirk BLEY氏を通してのことで

MIRAI ASBLやJAPAN CAT NETWORKへの支援も彼等の活動ということから

これまでチャリティー展の収益金を寄付にあてるというかたちで

微力ではありますが、協力させていただいております


今回のこうしたプロジェクトの趣旨を理解・感銘し、

表現者として参加したいと願う方たちは決して少なくないと思いますが

それを実現するためには、

資金が必要ということは紛れもない現実でもあり

純粋に奉仕のココロがあって

表現したい人たちと、支援したい人たちの気持ちが

ひとつになれば、、、ということは

私たち作家も常に感じていることでありますし、

これまでDirk氏との話し合ってきた一番の願いでもあります


マンガや寿司だけではない

真の日本という芸術や文化に触れてもらうことで

MIRAIの活動資金を捻出し、救援活動に繋がるということを実現できたなら

本当にそれはファンタスティックなことだと思います


プロジェクトの会期まで、あまり時間がないということもありますが

少しでも多くの同じココロを持つ人々の目とココロに届きますように

このアナウンスを告知させていただきます


シェア、拡散のご協力をお願いいたします


"ベルギーで震災遺児支援活動を継続する為の日本文化発信イベント"
https://readyfor.jp/projects/for-introduce-real-japan


MIRAI ASBL HP

http://mirai-asbl.com/ja











categorie :PROJETS

Rouges miraculeuses ~ 赤色ミラクル ~




+ Le vent du printemps est bien arrivee dans mon jardin +


ほどひてしまふに ハ 惜しヒやう な

少女ノ羽織

春 ヲ 待たズ ニ 旅立者たち


そして、アレカラ。。。





西ノ方 カラ 春一番 ビュうん~@


夕暮レ時 ニ 外へと 飛び出してミレバ。。。


たまらなく懐かしヒやうな お日様の香


遠ヒ昔 ノ 記憶 と リンク して....(_^_)oO


庭園 ニ

薄らと 日陰に残ル 雪たち が ミルミル 融けてゆく ミラクル☆彡











押絵ノやうな レリーフのやうな。。。


年明けカラ 少しずつ挑んでいた

紙 と 布 ノ 新しヒ コラージュたち が

昨日ひとツ、今日もひとツ カタチ と 成ル。


ナニ ガ どぉおなっタ か ハ 、、、

未 誰ニも ヒミツ だけれど ♥















Echarpe Printemps 2012 "AkkO" / La Fille de SHOWA

+ tissus de kimonos anciens des annees 60-70 avec dentelle / MATERIAUX VINTAGES


昭和の子(ムスメ)と 描ヒて

アッコ と 申シ〼









卯ノ花月 ハ 末

ふたつ ノ ミラクル が 舞い降りル あの街、この街 * *









categorie :PROJETS

MIDIMINUIT a Marseille ~ マルセイユ発*チャリティーイベント ~



La nouvelle du Sud * 南仏便り







4月中旬に開催されたアート&チャリティーイベントPechaKucha Night。


その二部となる、MIDI-MINUIT(マルセイユ)でのヌーヴェルが届いた。


今回は、東日本大震災により倒壊した学校の再建支援活動ということで


ニュージーランドからニューヨークと世界約400カ所で


この日、さまざまな催しが行われたのだそう。


コクリんコは、今回 東京での展覧会と時期がかぶったこともあり、


作品のみの参加となったけれど


心強いお仲間の力を借りて、、、


こうしたリアルな現場の状況をみせてもらえるのは、とてもウレシイ。




Merci beaucoup+++



ココロから♥



自分一人では、ささやかなコトでも


同じココロを持つ人々との 力 が 実を結んで。。。


青空の下、校庭でかけまわるコドモたちの姿 を 想像すると


とても待ち遠しい。



どんなに荒れ果てた地にも 必ず 真新しい季節 は 訪レ


雨の滴 は 地 に 染み渡リ


やがて 小さな 芽 を 伸ばシ


甘ヒ実を結ビ カラフル な 花 咲かス**




季節が変わるように すべての状況も変わる。。。


そう願いたい。













photo : France New Digest





























































categorie :PROJETS

Creame a la Vanille + Grisme ~ ヴァニラくりぃむとグリズム ~





SALUT

Du Château de la Crème à la vanille

ヴァニラ*フレーバー*くーぃむ の お城 より♪

サリュぅう











Echarpe Printemps-Ete 2011

realise par coklico

tenugi par Yuki-KIMONO MODERN + Yuki HANASHIMA





ヴァニラフレーバーとグリズム♪

coklico の 小春巻き*初夏巻き たち**

桜ノ季節 ニ 発表会 します♪


写真のマキマキに使われている手ぬぐいは、

KIMONO MODERNさんイラストレーター花島ゆきさん

コラボレーション浴衣「Orion」の 生地より

限定品として販売されたものです。












La neige + Le Sorbet + Grisme (Gris+Rythme)

雪んこ シャーベッツ 灰音色(グリズム)♪












L'Heron dans l'eau gele.... a quoi tu penses avec le p'tit coeur droit

そんな リズム が 解け出ス 午後 ニ ハ。。。











「オリヴィエだよ」

「何のマネ?」

「驚いたわ」

「悪い子ね」











categorie :PROJETS

Nippon, France et USA ~ 紙モノ布モノ&旅の予感 ~

Papiers et Tissus Japonais * 紙モノ、布モノ、和のココロ




古本と古布の山、そして最近マイ・ブ~ムな小粋な紙モノたちがやって来た*


旅を通して得たことや感じたことを布として表し、

スト~リ~性のある作品を作り出してゆくミナさんのお話は

共感できるものが多くて、とても興味深いです*


そして、去年、地元のチョットした人気スポットである雑貨屋さんで

作家さんによるロウビキの紙袋に出会ってからというもの、

この半透明で懐古的な風合いにスルスルと心奪わレてしまい.....。


蜜蝋の紙袋といえば、、、

フランスではパン屋さんやマルシェで果物の量り売り用に

使われているポピュラーなもの。

でも、雑貨や文房具という形になると

紙モノのは単に大量生産される使い捨て商品というだけで、

質は悪く、デザイン性は乏しいモノが多く、ココロ奪われない。w

日本製だったり、キティちゃんブランドなんかは、とても高価で

鉛筆一本にしても、コドモたちが安易に買う事ができない程。

.....なので、ちょっとした紙キレ1枚にしても、

良質でデザイン性に優れ、消費者が手頃に買う事のできるニッポンの紙モノは

布モノと同じくらい魅力を惹かれてしまうのかもしれない。。。(`v`)








今回、最もココロ惹かれてしまったのは、

最近は、作家モノなども増えているカラフルでユニ~クなマスキングテ~プ♪

(これらまったく同じメ~カ~のものたちは

ニッポン・ブランドとして某欧系ネットサイトで、なんと25EURで売られていた!!)

小包を開けると、小さなメッセージと一緒に「いちごみるく」キャンディが♪

お顔のミエナイネットビジネスの間でも、

こうしたさりげな~い心遣いができる人たちに出会えると、とても嬉しくなる*


「あったいにゃ~ぁあ」









+ Nippon, France et USA * 旅の予感 +





フランスから日本へ、日本からフランスへ、

アメリカからフランスへ、フランスから日本へ。。。

2009年の終わりから2010年へ。

様々な夢*のコラボを予定しています~。


新たな、旅の予感♪


☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆



categorie :PROJETS

L'Atelier sous les toits ~ 屋根裏のアトリエ ~

L'Atelier sous le toits * 屋根裏のアトリエ



来月開催される、Fuveauでの展示会に向けた準備もそろそろ大詰め。

Fuveauは、大凡エクスとマルセイユの中間に位置する小さな街。

今回、街全体をあげて日本をテーマとしたマニフェスタシォン(文化活動)

が開催されるということで、普段は主に書籍関係の展示が開かれている

Fuveau図書館にて、キモノにまつわる作品を展示することに...。

+

この日は、エクスの小さな路地に位置する "或る工事現場" の屋根裏に潜入。

裏口と呼ばれるアルミポ~トを開けると、

螺旋階段に沿ってズラリ積み上げられたBD(漫画)の箱ハコはこよ♪

闇の中を息を切らしてあがってゆけば(運動不足。。。笑)

なんだか懐かしい匂いが立ちこもる広いお部屋に辿り着く。



☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆


 毎年、春に開催されるBDフェスの総監督であるS氏のアトリエ兼物置。
 よりどりミドリなカ~ドルにうっとり。(`v`)
 画材や工具や埃くさい香りは、学生時代のシルク室や
 昔居た工業デザインの作業場によく似ていて、しばし trip.....。     


 リンゴやバナナをねだる囚人たち。
 自分が巨人になったような、、、錯覚。     


 まるで春のようなポカポカ陽気。
 ずっと雷雨続きだっただけに、このまま寒くなるんぢゃないかっと
 心配していたけれど~。ちょっと嬉しい。
 らじおから流れてくるPortisheadが心地よくて、眠くなる。。。       


 作業終了~!
 来たときとは違う出口から~、、、と扉をあけると。
 なんと、まあ~、ここは教会だったのね~。       


 古びた石造りの建物に、まるで舞台裏のような大道具、小道具が。
 エクスに住みついてから、何度かこの教会前を通ることはあっても
 工事中ということで、一度も扉が開いたところをみたことがなかった。
 けれど、BDフェの倉庫になっていたとはね~。
      


 暗闇から ナニモノか の気配!
 陽が降り注ぐ高ーいところに、その正体発見☆       


 あんまりイイお天気なので、テラスでお茶のもぉとイタリア通りへ。
 再び、ガサガサと頭の上で ナニモノか の気配を感じて
 ヌ?っと見上げると、、、みたことのない果実が♪
 柿かな? 梨かな? ヘンテコだけど、ちょっと食べてみたい。     


 帰りに、ミラボーに出るといつものように白い人が。
 でもでも、よくみてみると両手にモコモコとした ナニモノか が!
 気になって近づいてみると、、、なんともキレイな猫たちが。
 ワルツがかかると、メロディーあわせて動く両腕。
 抵抗しない猫たちは、お互いの顔を舐めたり頬ずりしあうのでした。     


☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆


categorie :PROJETS

Le Jeudi... ~ ヌノオタジュデぃ ~

+ 布々計画 + 手拭 X 古布 Japonais et Francais +


 『 ピンポンポストマン 』
 木曜日はあっちこっちでGreve(スト)なんだよときいていたから
 ジャ~ジぃな格好でのんびりと太鼓橋ののポーズをとっていたら...
 やってきた、サンタみたい小包を抱えたポストマン。w
 ココロ待ちにしていた日本から、そしてフランス北部からの小包と
 日本の青、フランスの青、そしてマロンショコラ。
 手拭によく似たフランスのヴィンテージテキスタイルたちも。
 そして、気がついたら 身に覚えのない小包もまぎれているっゾい(`v`)/
 


 『 青いヒ~ロぅ 』
 其ノ筆跡を目に入れるだけで、其レが何処からやってきたのか
 誰の仕業なのか すぐに 分かってしまう 悦び*
 懐かしのヒ~ロ~が上にも下にもくっついている!  


 『 豪華☆三段飾 』
 封をあけて、ビックリたまげた。
 雪洞、五人囃子、乙女の節句* おひなさん~。
 "乙女心と故郷をわすれヅ...." , eh oui, biensur!!  


 『 穴があくほど... 』
 いつもの図書館で、いつもお持ち帰りしちゃうもの。w
 ユ~リ先生の作品は、冬の深い日に何度も観たくなる。   


 『 贅沢な時間 』
 布やビックリ箱と同時に届いた13の古本たちの中に
 ピカピカの新品☆ ユ~リ先生が25年かけて半分仕上げたという
 外套の原作をどうしても読みたくなってしまった。
 離れている友達の優しさと、そば茶に黒豆せんべいもついてきて
 ....このうえなく贅沢で、至福の時間*   


* +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ *

 『 ニャンコ先生 』
 フランスのとある町で、ちょっと変わったサロンを開けました。
 ......という、ニャンコ先生からのお知らせ。
 いつものよりご機嫌な先生には、
 この日、ベートベーンの運命を披露してもらいました。    


* +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ *

categorie :PROJETS

Pliages jps qui volent au vent ~兜ノ星ニ一目惚レ~

あまり外へ出かける事ができなかった1週間。
表の風にあたってみれば、数日前の猛暑も幻。
幾つかの用件を済ませ、本屋さんへ。
とても珍しい小さなレィヨンが増えていて、ウレシイ。
其レは、一目でわかる日本の香り*
日本の人からは、"フランスの香り"の部類なのだろう。
でも、ゴ万とある仏のブックワ~ルドの中でさえも
決して出会う事ができない日本人の視点や感覚が、
其レラ写真の上に、見事に映し出されている と 思った。
二人のフランス人クリエーターによるおりがみの本。
写真は、やっぱり日本人フォトグラファ。


おうちへ帰って、早速~。
いろいろ作ってみたら、すごく楽しい。
ミドリの菖蒲を皮切りに、
結局本だけでは物足りなくなってしまい。。。
そして、夏のヴァカンスのことを少し思い出したり。
もっとあのコたちとこうして遊んであげられたら
よかったのに....なんて、少し後悔してみたり。
小さい時は、自然と出来ちゃったハズなのに不思議。


折鶴、兜、舟、小鳥....。いつのまにかおりがみとリンク☆
今日は、ちょっと頼りないようで....
実は、男らしく たくましく 気のイイ兄貴的存在の
" ハトポッポ " も仲間入り。
きっとこの名前のせいかな、ヌケサクにみえるのは。。。
モット奇抜で斬新な名前を、考案中~。o O


categorie :PROJETS

Le petit bateau et momokuri ~ 折舟便と旬 ~

ようやく涼しくなったナ。なんて扇風機を閉まったものなら
今日はとても暑い一日。夏が舞い戻って来た。

離ればなれになって2年半、相変わらずの写真が眩し~い
ストックホルムで新しい生活を初めた友人からのヌ~ベル。
たくさんの想いを詰め込んで、折舟レタ~を送ろう。
欲張りすぎて、張り切りすぎて 沈まないように。。。


決して甘党はではない新米パティシエによる秋のデザート。
マロングラッセ、7種のフル~ツコンフィ。
つまみ食いのつもりが、完食に至ってしまったイチゴのムース。
クレモンティ~ヌとブル~ベリ~のババロアは
冷凍保存して、手土産にしてやろう。

恐るべし秋のウエスト、二の腕、二重あご。o O


categorie :PROJETS
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。