スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categorie :スポンサー広告

Alice et autres merveilles ~ 年の瀬☆テアトル ~

 今朝うれしかったこと。
 ようやく、あの古い郵便局がリニューアルされていた。
 あのガラス張りの窓口へ足を運ぶ度、
 なんだか囚人に会いにいくような気持ちだったけれど(苦)
 信じられないくらいとってもキレイに、モダンに、快適に!
 人々の笑顔も見えて、ノン☆ストレス。これは革命だ☆
 そして、この夏に訪れた北東の街に住むニコニコ園長こと
 ポ~先生から、うれしい贈物。


 昔スタイルのスタンプが、とても素敵で....。
 でも、クリスマスを待たずに、あけてもーた。(`v`)Oh la la
 さっそくお礼のお電話をかけてみたら~....
 なんと! あちらは マイナス8度。。。
 ここで、「サンむーい!」 なんて いってられないのだ。o O
 そんなさむーい土地で生まれた その 不思議な 正体は...
 決して、サクサクなんて ありえない ビスケット。


 長い事、続いていた大工事も無事終わり
 初めて訪れる 新しいテアトル。
 お芝居を見るのは、学生以来~。
 夜9時前後から と そんな時間帯でも
 眠気など感じさせない チビっこたちには カンシ~ン☆


 不思議の国のアリスを基に、ちょっとノエルバージョンで
 いたずらに演出された コミカルな物語り。
 なぜか、ロックンロ~ルな赤ずきんちゃんや
 口の悪い ピノキオや、筋肉質のバ~ビ~や
 リアルE.T.まで、登場~☆w
 クラシックなデコ、時よりMIXされるデジタル映像が
 とても心地よくて 不思議の国へとココロ 奪われてゆく~。o O
 更に、とーってもカラフルな舞台衣装に身を包んだ
 "キャラ"たち を みていると
 どーしても 歩く"GRIS-GRIS" に思えて仕方ない。(>v<)hi hi
 そして時に、ハッ!とするような 懐かしい気持ちにかえれたり。
 チビッコたちに紛れて 大声で笑い転げて、
 なんだか とっても シアワセな気持ち で いっぱいに。  


 毎年、この時期になると 幾つか 想う事があって
 遠くは離れて なかなか会えない人たちのことや
 自分と数日違いで 生まれた友達のこととか
 ここで どんな1年だったか と 振り返るよりも
 いつも 頭や心の中は 日本の想い出でいっぱいになる。
 なかなか会えなくて、見えないけれど
 そんな自分の中の "大切な人たち" に
 ちゃーんと支えられているということに 心から感謝☆
 そして、その皆が それぞれの場所で
 シアワセな時間を過ごしてゆけますように~☆
スポンサーサイト
categorie :休☆日

13 desserts et le nouvel an ~ 新作アクセ☆たち ~

 EPICERIE と 呼ばれる 乾物(雑貨)屋さんで、
 今年も13(実際にはそれ以上~!!)の
 ミラクルが見られるようになりました。
 それは、南仏で過ごすクリスマスとして、密かな楽しみ。
 あんずに胡桃に....セードラにぃ (@v@)/~☆

 彼等にインスピレーションされた スイ~ツな指輪たちが
 ようやく出来上がってきました。ネヅケのような小袋付き。


 ちょっぴり気の早い ヌ~ベラアン*シリーズ。
 鉄のような 鉛のようなカラーが あんまり淋しかったので
 アンティ~ク調にゴ~ルド加工してみた簪。
 20年代のモダン*ガ~ルや、ハイカラさんや~*
 色々想えば 想うほど....
 お着物に着替えて、お散歩したくなる~。o O
 お節に、お雑煮....ソレカラ、ソレカラ~。
 あの新鮮で 晴れ晴れとしたお正月が大好きだ。

 来年も、日本に帰れますように~*


categorie :TRAVAILS

A PARIS ~ 5年ぶりのパリ ~

 畑のヤサイも 枯れ木も 空も 冷え冷えの真っ白。
 まさに霜降月、最後の木曜日の朝、
 眠たげにバスに揺られてTGV駅まで。

 5年ぶりのパリと、その東の東の果て モントレイユへ。
 久しぶりの人たちや、初めての人たちに会いにゆく~*


 幾つかのギャラリーとブティック、リブラリーでのランデヴを終え
 日本食材を探しに。 滞在期間中は給食当番ってことで。(`v`)
 気がつけば あっという間に陽が落ちて。。。
 帰り際、少し歩いたパレ・ロワイヤル。
 ここへ来ると初めてパリに来た時のことを思い出す。
 二つ浮かんだ満月がとてもキレイ☆ なんて見とれていると...
 煙がモクモク、その煙の中から貴族たちがモクモクモク。o O


 冷たい雨降り、日曜日の午後。
 のんびりと昼食を済ませて、二人のラビ連れてブックサロンへ。
 とあるお偉方とのランデヴを終え、のらりくらり、クルリ@徘徊。
 なんだか気になってしょうがないブ~スは、
 や~っぱり日本のエディタさんだった。(`v`)
 そして、聞き覚えのある声、見覚えのある後ろ姿を発見☆
 それは「向こうで会おうね!」と約束していた絵本作家さんでした。
 これだけ沢山の人が溢れる中、ほんとにビックリでバッタリな瞬間。


 一回りしたら、BDコ~ナ~へ。
 それは、普段は決して足を止めたりしないであろう
 "マンガコ~ナ~"だったりする。(笑) そこに並ぶは、
 先月晴れて出版された 「NOTES SUR LE SUMO」。
 テキストは、当時全く無名であった横山裕一氏開拓の親!こと
 ムッシュL。イラストはRISTO。翻訳はマダムL&コクリコが担当。
 日本贔屓な皆で作った、ちょっと風変わりなお相撲さんの本。
 縦書きの日本語テキストが左から右になっているところが、
 日本気触れな外国人っぽくて、読みにくくて、不思議。笑


 最後の夜、本の出版記念を兼ねた囁かな晩餐会を。

 制作に携わったもう一人の仏ムッシュと、日美人が
 とってもステキな手土産を抱えてやって来た。
 AOKIさんって、その名を聞いた事はあったけれど
 ひとつひとつをちょい切りして、味わって~、ビックリ☆
 抹茶が、ゴマが! 何とも言えない懐かしい思いをのせて~
 あぁ、なんてシアワセな 。o O (^0^)Faaaa


 帰りの電車の中で。...と楽しみににしていた 24+1 の物語。
 サロンの一角、目に飛び込んで来たBruno Munariの大きなポスタ~。
 とってもレトロな作品がズラリ。
 そこには、某日本人ア~ティストの作品もありました。
 気になる小さな箱にギッシリと詰まった物語りは、
 40年代そのままのカラ~、 紙質までも
 見事復元されたE.Ivanovskyのミニ絵本。
 コレばっかりは....。 ちょっと贅沢な 自分へのお土産~。


categorie :BALADES
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。