スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categorie :スポンサー広告

Mon coeur....LYON ~ かけがえのない時間 ~

A LYON * こゝろの故郷



この旅の終わりに できることなら母と訪れたいと思っていた場所。

この街が大好きな理由は.....

新しいモノがどんどん増えてゆく中でも

ちゃんと古いモノが残っているということ。

街は大きいのに ローヌのようにゆるやかなところ。

......そして、何より大切な人たちが 此処に居るということ*

いつか南仏を離れるとしたら、きっと此処に住むだろう と思ふ。

たまに訪れても、「ただいま」な 気持ち♪

" Dernier tour de notre voyage "

☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆


 " Dans la belle Appartement "
 旧市街の石畳を歩いて、絵本作家Chiakiちゃんのお宅へ。   


 くるくる 踊ってくれるかな.....♪
 足を休め、しばし凝視。     


 思わず....心霊写真かと ビビりんぐ。w
 にぃさん、サッサとお袖とおしちゃってくださいな、と。
 これから高台を目指します。歩け 歩こ♪     


 足元に........フシギなコ発見。(`v`)     


 まだまだ半分ものぼってない.......けど、
 振り向けば えんぴつパーデゥ君が。スバラシイ~*     


 森の神さん、おいしい酸素をありがとねぃ♪     


 "Paysage de LYON"
 ニコニコ絶景~*     


 YOUPI~☆ リヨンのエッフェル塔だ~!(^-^)     


 ムッシュ、マダ~ム、ボンジュ~。     


 ココロ踊ル♫ ミドリキミドリアオミドリミドリミアオの世界     


 パリ セ~チュンヌ ブロ~ンド♪ (ミスタンゲっと)     


 植物博士「あら、サクランボうがなっているよ!」     


 植物博士「バラの間にも、サクランボうがまざっているよ!」
 コ「みえないー」(>0<)     


 たくさんの日本人夫婦にあふ。
 ソシテ、周作先生のことを思ヒダス。。。     


 ただいま~* (おかえりなさい、はやかったのね?)     


 " Bon accueil "
 可愛い仲間たちが あたたかくおでむかえ*   


 アイスで和んで~、穏やかな一日は幕を閉じる....。   




☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆


LYON * PARIS........ et LYON * 母との最終日





 " Marche de LYON"

 少し早起きして 川沿いのマルシェへ。
 アバウトな南仏とは別格、キレイにディスプレイされた花や果物*   


 川の流れを眺めていたら.......たくさんの鯉たちが。     


 母のフランス滞在も残り僅か。。。
 ちょっと遠回りして、ちび市内観光へ。     


 歴史ある外観と モダンな内装~、リヨンのオペラ座。   


 美術館の内庭にて。
 いっぱいのミドリと ヒカリを浴びて、深呼吸~*     


 " Delicieusement... "

 みんなで食べる アツアツで 感動的な お好み焼きの味☆     






 " Dans le train..... "
 母「来たときは、コクリコ畑でいっぱいだったのにね。」
 一面に広がる 菜の花畑を 背景に
 自分の携帯で撮った写真を何度もみつめるおかん。     


 いつのまにか それらしくなった 押し花手帖。     


 美しい時、、、は過ぎた ワイン色のコクリコ。     


 ちゃんと あの中へ 吸込まれてゆくのを 見届ケル。
 ウサギのように目を赤くした母を、笑顔で送ったケレド....
 飛行機がとんだ瞬間、なぜか涙が溢れてきた。
 海外生活は慣れても、帰りの空港だけは いつも 赤目のウサギ.....     


 コメツブ、黒ゴマ、ミエナクナルマデ..........。   








 エクスへ帰る電車が無い!
 .....ということで、もうちょっとだけ 大切なひとたちと*
 今日のデジュネは~ グラン・キュージニエB氏が
 眠気眼をこすって 作ってくれたクロックムッシュう。(`v`)/   


 午後は、ひとりでおでかけ~*
 この日のリヨン、31度とフランスイチの夏日和☆   


 布アサリにゆく途中、かわいらしい学校前で........金縛りっつ。   










 PM20:00といっても まだまだ明るい(`v`)
 ギャルリを営むS君とひさしぶりの再会~。   


 自宅のサロンも寝室も.....どこをみてもミュゼのよう♪   


 アペロは~、ワインの練習♪ コレならへいきかも!
 .....とチビチビ味わっていたら。。。
 数分後、いざごちそうをモクゼンに気絶する。www   


☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆


 "Il fera beau cet Apres-midi....."
 朝はどんより曇っていたモノ
 午後になって明るい日差しが~☆
 すっかりマッタリなこのお部屋ともしばしお別れ。
 ステキな時間を、Merci BEAUCOUP*     


 帰る前に、リヨンのとある砂浜で♪
 寝ているChiakiちゃんの帽子に、コッソリ.....
 とおもったが バレバレ な 活け花*     


 "La saison de Roses"  季節はまた少し変わって、バラ色です*   


* おまけ *

『 おフランスの猫たち 』


  "Jardin du Chateau de Versailles"
  ヴェルサイユのオヨネコ。     


 " Atelier de CEZANNE, Aix-en-PROVENCE "
 アトリエ・セザンヌのオネムネコ。     


 " devant Cafe, Cagne-sur-Mer "
 カーニュシュルメール、おすましニャン子。     


 だけど ホントは ひとみしりっつ♪     


 「やれやれ....」(春樹風)     


 アタシャ ハ~ラ ヘッタダヨ。。。(シムケン風)     


 チラっつ。     


 " Poom Chez C, LYON "
 リヨンのジャングル大帝、プンム君。     


 " CHez S, LYON "
 シャイだけど、ikiなネコ。w     


 " CHez S, LYON "
 もう "ヒトリ" の ikiなネコ。(隙間に注目!)     


スポンサーサイト
categorie :BALADES

Azur Azur Azur... ~ 空色*海色 ~

Cote d'Azur * 紺碧海岸ライン



Antibe + Picasso , Cagne-sur-Mer + Renoir , Villefranche-sur-Mer + Cocteau

ニースからヴィルフランシュへ抜ける高台

此処へ来る度、必ず足をとめる場所....

何処かの国から 飛んできた飛行機が空港へ舞い降りて

コルシカ帰りのフェリーが 港へ到着する。

ソレカラ、小さな船がイタリアを目指し、

ソレカラ、ソレカラ......

裸のコドモが水泳選手を目指す.....

「Allez les Bleus!! Allez les Bleus!!」

☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆


 " Montagne!! Roche!! "
 ヴァ~ル県を走ると、あちらこちらに広がる岩山。
 赤土が目立つところでは、お金のないフィルムメーカーが
 インチキ・ウエスタン映画を撮影したという。   


 "La gare d'Antibe"
 初めて紛れ込んでみたアンティーヴの街。
 旧市街では、とんでもなく美しい小道が海岸ギリギリまで広がって。
 大混雑で駐車不可能.....ピカソ美術館の前に広がる絶景を焼き付けて...   


 " A la plage, Antibe"
 浜へ降り立つ....それだけで癒されてしまうやうな。
 すっかりヴァカンス♪
 トップレスの皆さんをモクゼンに、おかんお口アングリ。www     


 "Promenade, entre Antibe-Nice"
 プロムナード・デ・オングレへ近づくに連れ、
 風景はリトル・カリフォルニアへと。w
 イタリアんメタボリック父さんの夢は....、 ツ~ル de フランス!!   




☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆


Cagne-sur-Mer * ルノワールのアトリエ



* 1:30あたりからリアルなお庭風景~ *

とても静かな場所....と思いきや、門前に紅白テープと警官が。

まさか、殺人事件でも?...と思いきや、中に入れば楽園*

これは、コスプレ祭?...と思いきや。。。w

この日、映画のシーンを再現するお祭りが

地元住人たちにより繰り広げられていた。

メリーポピンズみたいなフワフワのフリフリ衣装にパラソル。

お髭のムッシュは、帽子がとってもお似合いで♪

オリーヴの木が広がる裏庭も、絵と映画とそのまんま。

母=Pierre-A RENOIR(父)の絵の熱狂的なファン。

コ=Jean RENOIR (2番目の息子)の映画ファン☆

ちょっとニヤニヤ、笑い皺が増えた一日。







 お祭りにつき、無料開放された館内。写真はNG...
 生活の香りが未だ漂うようなサロンに、自然に掛けられた絵画たち。  そのままお湯をはってつかりたくなるような広い浴槽。
 一番奥には、梅原龍三郎氏をとりあげたサロンが。     


 入り口付近で、テーブルを並べてレース編みをするメダム。
 なかにはキティちゃんをモデルにしたものも。w     


 アトリエから飛び出すと、華やかな衣装の男女が続々と出没。     


 パピヨンたち*     


 ya ma yo.....や~まヨっつ♪     


 一緒になわとびまざりたい~* (=v=)

 向こう側にそびえる旧市街へ。   








 ちょっとだけ古い記憶を辿る旅。。。

 8年ぶりに潜るトンネル。
 すっかり変わり果てた広場から、タイムスリップ☆   


 確か、モディリア-ニの名のつく坂をのぼって
 此処から海をのぞいた記憶............甦る☆   


 地中海美術館とかそんな名前。w
 あの内庭はすごくキレイだったよな~*   


 さよ~なら、カーニュ。また逢う日まで♪   










☆ +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++☆


Nice * Villefranch-sur-Mer



 
 "Promenade des Anglais, Nice"
 英国人たちのプロムナードを抜けて。。。
 ホイップクリ~ム、イチゴクリ~ム....お菓子のお家パラダイス*   


 blablabla.....、テラスでおしゃべりっつ。
 人形の家。w   


 何度来てもあきることができない.....コクちゃんの教会*

 注)コクちゃん= Coklico X 、Cocteau ◎   


 溺れているぅう!....とだれかが叫ぶ。
 実体は.....、ただ単に裸泳ぎがしたかっただけの大人。w   


 コートの向こう側に連なる、キャップを目指す。   













☆ +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++☆


Saint-jean-cap-ferrat * Nice * Aix



  もうひとつの.....コクちゃんの街。

猛暑のせいで、浜はこれまで観たことがないほどの大混雑。

逃げる。w   


 帰りはのんびり。。。
 さよーなら、紺碧くん。また逢う日まで♪   


 チビ葡萄畑、だいぶ伸びたな~*
 青い海も大好きだけれど、緑が増えてくると安心するのは....
 やっぱり、育った環境の影響なのかな。

 プロフィも意外とながーく偉大なサン・ヴィクトワ~ル。   


 本日の終点~☆

 「ただいま!」
 「おきゃえり。」   




次は北上!リヨンの巻....

☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆


categorie :BALADES

Camargue - Saintes Maries de la Mer - Arles - Tholonet ~ 野生王国 ~

La Camargue * 湿原と海



コートダジュ~ルの前に........

2年ぶりの湿原、カマルグのフラミンゴにあいにゆく。

ずーっと顔を水に埋めながら食べ歩き。

ボナペティ メザミ!!! (`v`)


☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆


 "Montagne du sel, Camargue "
 果てしなく広がるシオの山   


 "A la plage...."
 湿原から 砂浜へと続く道   


 "Bains de la mer...."
 後ニ。。。我ヲ 忘レタ 水掛合戦 へト 展開 スル。   


 "Deux Chevaliers"
 ス テ キ な * とても ス テ キ な * シュヴァリエ   


 " Les Chevaux Blancs"
 カマルグの白馬たち........ボナペティっ~ゆ   


 "Ca sent de nostalgie...."
 去年帰ったとき、我家の庭にも咲いていた花*     


 "Deux PICOS!!"
 ...........couac     


 "Deux Flamants Roses"
 獣の気配。。。     


 さらば、野生の王国よ~     




☆ +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++☆


Saintes Maries de la mer * 神の居る海♪



 
 "La belle ville du soleil...."
 空の色も 壁の色も 此処は異国。
 スペインかギリシャの街へタイムスリップしたような、錯覚。   


 "14H00 moins cinq"  教会の扉があくまでの待ち時間。
 針をつきつけるように 手相占いをしたがるジプシーたちが練り歩く。   


 "Le cheval en mer..."
 アラ まあ 此処にいらして?   


 1840年5月25日、アルルの石の家が崩れオッチルも
 住人たちは全員無事だったという。
 後にも何処かの家で病人がでたなら、船に乗ったサン・マリーが現れて
 必ず命を救ったという。現実の伝説.....☆   


 大切な人たちの 幸福と健康を祈って.....   









☆ +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++☆




Arles * 芸術家たちの愛した街



 
 "Le Samedi Apres-midi...."
 土曜日午後、快晴のアルル。
 市役所前には結婚式を祝う車やカップルが 入れカワリ 立ちカワリ*   


 空はどんどん深く碧く、大陽はギラギラ照りつける。
 この日、 夏 がきたことを 知らされる。
 母の希望であった向日葵畑は まだみることができず。
 ゴッホのお花畑 (耳を切り落とし、入院していた精神病院跡...)で
 植物観察ができて喜んでくれたようだった。
 南に来てからというもの....子供のようにはしゃいで
 彼女の本物の笑顔がたくさんみれるようになった気がして.....
 なんか、ウレシイ* (`v`)
 この日も街のいたるところで写真展が。   


 お茶をしようと 偶然座った某ホテルのテラス。
 外観も内装もあまり美しくて、
 お手洗いを借りるふりをして、中を散策~♪
 誰もいないバーをのぞいて、息をのんでしまふ。。。『 わ!』
 この闘牛の写真『 わ!』。w   


 ピカソ、マリア カラス、ヘミング ウェイ.....
 あらゆる著名人の写真がズラリ。。。
 ヒマそうにしていた門番のお姉さんにウインクのお許しをもらひ
 中でボケボケ、ウットリする。w   


 コクリんコが一番好きな......コクちゃん、みぃつけた♪ www
 明日はコクちゃんの街へいくよ~。(`v`)   









 " Arles - Aix "
 ゴッホの街からセザンヌの街へ........超高速で ビュうん=3   


 " Promenades, Le Tholonet "
 トロネの並木通りを抜けて、サン・ヴィクトワールまで   


 " St.Victoire "
 朝は霧がかかって真っ白だった風景も.....
 夕日をあびて、ハッキリ クッキリ☆   


 ただいま~* (おきゃえり、おそかったのね)   


次は本当のコートだズ~るの巻....

☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆


categorie :BALADES

La saison de Coquelicots ~ 自然観察記 ~

Aix - en - PROVENCE * 食と植物



ただいま、エクス。

太陽の匂いと、マルシェのフルパラ☆ 愛しの南仏プロヴァンス~♪

住めば都よ、故郷の母(ヒト)を連れて 第二の故郷へ。。。



Bienvenue au Sud France




☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆



 "Devant La Catherdale, Aix"
 大聖堂の鐘が正午をお知らせ。
 たっぷり休息して、ネボスケ散策のハジマリ、ハジマリ。
 ポッポこ鳩山隊長、上機嫌♪   


 "Devant La Petite fontaine de L'institut...."
 甘い花の香りにつられて.......、懐かしき母校を散策。
 中庭でランチを楽しむアジア人の生徒と
 見覚えのある女先生を発見☆   


 "Les petits plants par la fenetre..."
 今月25日からはじまるピカソ展で、ミュゼ・グラネは改装中。
 むかいのアパルトの窓からのびている鉢植えにみとれる。
 緑力だ*   


 "Meilleur moment....."
 マルシェで買い込んだ野菜たちと~、
 一度は食べてほしいプ~レのパタット添え(チキン&ポテト)。
 食べて2時間休んだら、ヨガのお時間~♪   




☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆


 " Atelier de CEZANNE, Aix"

 陽が傾いてから、坂のぼること10分弱。
 セザンヌ年から2年、修復されたアトリエを訪問。
 中は撮影禁止ということで。。。お庭で長々自然観察~*   


 "Ca sent des fruits...."
 食べてみたい......チョットだけ*     


 "La Petite Coccinelle..."
 ピーマンみたいな赤とミドリのコントラスト。
 松の葉に、小さなてんとう虫が....     


 "Le Petit Escargot...."
 母:『くーちづけせよとはやしたて ハイ くーちづけせよとはやしたて』
 コ:『ハイ つのだせやりだせめっだまーだせ♪』
    


 "Les petits coquelicots...."
 コクリコの季節~*
 強くたくましく、ガンバルンだゾ!!     


 "Encore meilleur moment de la journee....."
 コクリコといえば...パスタを連想といういことで。。。
 リクエストにお応えして、初夏の新作うぉ。w
 エビとスモ~クサ~モン&豆乳のきしめんパスタ☆ miam miammm     






☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆


Miramas * コート・ブルー線にのって~♪



 
 "en ligne de cote bleu"
 マルセイユ経由、コート・ブルー線の小さな旅。
 去年みつけた小さな港町。
 8年ぶりのMiramasを目指す。   


 " Martigues "
 南仏のヴェニス、Martiguesまで流れる海老茶色の川。   


 駅につくなり、放心状態。。。
 TaxiのりばにTaxi無し。電話もおまわりもどこにも無い。
 15時なってようやく空いた観光協会でたずねると....
 「バスは一日一度来る」だと? オラこんな村ヤダ~あ(T0T)♪   


 "Promenade dans la foret"
 サックリとあきらめて、旧市街まで歩いていくことに。
 あえて国道を避けて、森の中のプロムナードへ。
 イチジクの樹に紛れて、こんなところにもコクリコが.....。   


 "Le Petit Cascade"
 どんどん酸素が濃くなって、テンションあがる*(`v`)
 心地よい音に耳を澄ましてみると~、小さな滝が。。。
 まるで栃木にいるような錯覚~♪   


 "Qui etait la???"
 突然現れたホラアナ? 獣の気配。。。w   


 "Le visage....."
 母『ホラ、昼顔がいたよ?』
 母『アラ、水芭蕉が。。。砂の色が変わってきたから海が近いよ!』
 そういえばこのお方、コクリんコが小さな頃から植物博士だったナ。     


 草花を摘みながら、歩いてゆく森の小道。
 そして、とうとうブチあたった運命の分かれ道。w
 近所のオーベルジュのマダムたずねてみると、そう遠くはないと。
 不安になってから10分歩き続ければOK?     


 "Miramas-le-vieux"
 ヤッタ!ヤッタ!!辿り着いた~*
 8年前にみた風景が目の前に甦るかのよう。     


 "Ca sent de la nostalgie....."

 懐かしい花と、潮風の香りをかぎながら
 チビチビと のぼる坂道~。   


 くもりガラスの時計台。   


 "Chemin de Coquelicots"
 偶然知り合った日本贔屓なギリシャ人と立ち話。
 ランチタイムは終了だから、
 名物アイスで腹ごしらえして、再び丘を越える旅へ。   


 お散歩テーマソング~♪

 母「野に咲く花のよゥおに~ぃ 風に吹か~れて~♪」
 コ「...........おおおおにぎりが たっつたべたいんだナ♪♪」     


 "Les petites clochettes..."
 何処からとも無くチロリロリン鈴の音♪
 番犬のそばには、たくさんの山羊や見知らぬ動物達がお昼寝。w   


 "Bonjour mesdames!!"
 パカラっつ、パカラっつ、パカラっつ。   


 さらばMiramas、また逢う日まで~*   








 懐かしいヒトが、フーガスをもってやってきた。(`v`)/   


 南仏名物ルセット、ラタトゥ~ユ。   


 "Les Petits Cadeaux de Paris"
 モントレイユでお世話になったチビッコファミリーから
 うれしい贈物~* 懐かしい音がする鈴と
 蚤の市でみつけたJ.P.ゴルティエのレザーはぎれ。Merci BCP!!   




☆ 次回は、コートダジュールの旅.......



☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆



categorie :BALADES

Paris, Versailles...et Montreuil ~ 歩いても 歩いても ~

PARIS - Cateau de Versailles - PARIS



7日の朝、少しのんびりと家を出る。


Roissyへ向かうのは、3年と半年ぶり。

あの時は、日本へ帰るための飛行機をめざして 早朝の電車に乗りこむなり

ある事故のせいで 新幹線よりも早い筈の電車は ピクリとも動かなかった。

諦めたころに、動いた!と思えば....反対方向へと進む始末。w

Roissyへついてから、大きなカバンを引きずって猛ダッシュをしたおかげで

結局、旅は万事快調となったわけだった。


そんなどうでもよいことを思いだしながら、快速に体を揺らして空港に辿り着く。


到着ゲートから次々に流れてくる 超大型マスクの日本人集団...。w

(お願いだから、こんな犯罪者まがいな格好だけはしてこないでよね...)

と心の中で祈るようにつぶやいていると

小さな体に真っ白いジャケットをパリっとキメた母がふわりと降り立った。

その健康的な微笑みが、なんだかとても嬉しかった。




Bienvenue en France




☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆



 "Jardin du Luxembourg, Paris "
 ブルーライト・ヨコハマを唄い続ける旅、ノ 始マリ。     


 "L'Interieur du Cateau de Versailles"
 窓 ノ 外ハ、キミドリミドリアオミドリミドリミアオ...   


 "Marie Antoinette et ses enfants"
 憧レノ.....ポートレイトヲ前ニ、ヤヤ興奮気味 ノ maman。   


 "Pas de Spectacle, c'est une GREVE..."
 遊ビ ヂャ ナイノ...、桃色ガーコノ乱。(ココ ハ ガッコウデス)   


 " Sous Tour Eiffel, Paris"
 其ノ 大キナ 影ニ 涼ム.....   


 "Devant l'Opera, Paris"
 一息、二息。     


 "Place Vendome, Paris"
 ピラミッド デ 買ウタ 納豆ヲ 詰メカエル。w     


 "Place de la Concorde - L'avenue des Champs-Elysees, Paris"
 母:「どうしてこんなにも観るトコロが沢山あるンだろね?』
 コ:『ア 歩いても~、嗚呼歩いても~ぉ♪』     


 "l'Arc de triomphe de l'Etoile, Paris"
 此ノ日 ノ 終点。     


☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆


ベルバラ巡りだけで、足のサイズがヒトマワリ成長しちゃったものの、

未だ曾て実行したことがなかった、パリの観光地巡りを実現した一日。


コンコルド広場を通過したあたりから、

お約束のように「おぉシャンゼリゼ~♪」を唄う母。w

歩いても 歩いても 辿り着けない長く続く凱旋門までの道を肩を並べて、

これまでジっと心の中に閉じ込めていた想いを明かされる。

父の悪口を散々ブチまいた後で、

呟いた言葉が コクリんコの脳や疲れた体を刺激した。

「唯一、お父さんに感謝できることは、お前を授けてくれたことかな....」





☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆


Still Walking * ア 歩いても~ 嗚呼歩いても~♪



 
 "Cathédrale Notre Dame de Paris"
 ノートルダム デゥ パリ、
 それは、学生時代に唄わされた恐ろしい歌♪   


 "Jardin Notre-Dams, Paris"
 花のような....不思議な生き物。   


 "Galerie Carre d'Artistes Montmartre, Paris"
 モンマルトルの店を仕切る、Anne とご対面。
 側にある"coquelicot"(コクリコ)というレストランが
 お気に入りなのだとか.... (`v`)/~*   


 "Basilique du Sacre-Cœur de Montmartre, Paris"
 昔、"アメリ"の試写会に招待されたときに母とみた風景。
 相変わらず..;...、ゴミゴミしていて苦手な界隈。w   


 "Brasserie de Marais, Paris"
 予報通り、午後の雨に追いやられ.....、マレのブラッスリで一息。
 いつものアーメニアンサンドで寄り道したら
 愛しい笑顔たちにあいにゆく...☆   



☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆


Les Petit Angels de Montreuil * 赤毛のペコちゃん



 
 "Le Petit Zorro"
 サラサラの長い髪、すっかり男前になったガブ君。
 母の前で堂々と日本語で自己紹介をしてくれました。
 3人兄妹の中では 一番大きなお兄ちゃんだけど、
 実は一番甘えん坊だとか.....。(`v`)   


 "La Petite Princesse"
 こちらはふわふわのカ~リ~ヘア~が伸びて、
 すっかりお姉さんになったマドちゃん。
 今日のためにとおめかししてくれた白いドレスは
 アンティークの下着を用いたママンの手作り☆     


 "ZORRO avec sa petit(e) compagnon(e)"
 生まれたときは、キラキラのブロンドヘアで
 先がキュっと尖っていることからQPちゃんが愛称だったミシェル。
 会わなかったうちに、いつのまにかクルクルの赤毛ちゃんに。
 いつも舌を横からだしているから、これからペコちゃんと呼ぶことに。w
 ニ~ちゃんネ~ちゃんのマネっこも半端じゃない。
 ZORROの後ろで、ちゃっかりキメのポーズ。www     


 "Le Petit Lapin"
 末っ子、ミシェルが生まれたときに
 コクリコ畑を飛び出した鈴兔。
 今ではすっかり、ここんちのコになってしまったみたい。w     


 "Gateaux chez Aoki, Paris"

 初めてモントレイユへ遊びにきたときに、
 近所に住む友達ニコラが買ってきてくれた、奇跡の宝箱。
 決して甘党ではない日本人でも仏人でも、
 一度、たべたら詩人になれてしまう不思議なガト~*w
 あの感動をもう一度味わいたくて、今回お土産に。

 香ばしい玄米茶と、皆のポエム......♪

  







☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆


Marche aux puces * BASTILLE * 川沿い蚤の市




 "Gare de Lyon, Paris "
 雲 ヒトツナイ 空ハ、ラムネ色。   


 "Marche aux puces BASTILLE, Paris "
 川の両サイド、橋の上にも白いテント張り。
 蚤の市に入ってすぐ、1920年代の宝飾品を売るマダムに呼び止められる。
 彼女がくれたチケットのお陰で、有料地帯もタダで満喫。
 パリジェンヌが不親切だなんて、誰がいったことなのでしょうねぃ。   


 "M.Carard avec ombrelle"
 アヒルカモカモ...。   


 "Ancien jouet pour les enfants"
 大人になってから玩具に魅かれるようになったのはなぜだろう.....   


 "Madame. Dentelles..."
 真剣に.....レースを編むマダム。   


 "Sur le pont de Bastille...."
 くるりひと周り、芝生を目指して もう100歩。   


 "Petit Bateau qui nous attend..."
 プロヴァンス往きの船がお待ちかね。
 コレに乗って、南下します~*
 灰色の街、サヨナラ。。。   




☆ 南仏紀行へつづく.......




☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ☆


categorie :EXPO

A la maison du soleil ~ 愛しき我が家へ ~

Rentree a la maison du soleil avec des p'tites histoires



今月のスペシャルゲストを出迎えるべく、一寸遠足。

短くも濃厚な滞在を終えて今日、

再びオレンジ色の太陽の街へ戻ってきた。

まんまるだった紅いクリボンは、見事に満開でお待ちかね。

夜といえども頑張るお日さんのお陰で

一日が とっても長く感じてしまふよう。

お便りくれたお友達、どーもです。

サリーちゃんのような足首を休ませてから....

ゆっくりですがお返事しますですわよ~*

  


categorie :EXPO
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。