Expo*la collection de militaires ~ 終戦記念日 ~

 「果てしない読書週間」
 目が覚めて、布団から抜け出さないで...
 起き上がり、温かいお茶を飲んで...
 何も手につかず、またベッドに倒れ込んで...
 お湯に浸かって、その湯が完全に冷えきるまで...
 30年以上、嫌いだと決めつけていた読書に目覚めてしまった。
 今、自分が何処へゆかないにしても、旅を楽しむ為に。
 美しい日本語に魅せられ、懐かしいような不思議な世界を通って
 一番気に入った作品の仏語版まで読み出した始末。
 そういえば、15の頃に幾つかの小説を書いた記憶がある。
 本も読まないくせに本当におかしな子供だったと思う。
 まるで学校へ通っていたあの頃よりも熱心に、
 何か、勉強しているような、錯覚。(@0@)  


 「1が4つ並ぶ日」
 フランスのお店は、日、月と休む。(たまに例外アリ)
 そして、昨日火曜日もシャッターが閉じたままの店がほとんど。
 今日が何曜日で何日で....なんてことをあまり考えずに生きるのは
 いけないことかもしれないと気づいた。
 なぜなら、冷蔵庫の中はグ~グ~だったから。w
 この日、市役所のsalle de mariage(結婚するところ)へ。
 第一次世界大戦の終戦記念日にちなんだ催しに誘われて....。  


 「本物が紛れてイマス」
 11時半がアペロがあるよといわれて、少し遅れてたどり着くと
 見事なまでのコレクションが。。。
 友人の彼が個人的な趣味として集めた人形や衣装に軍服、小物など。
 いずれ自宅と市で分けてミュゼをつくるとのこと。
 彼に那須の戦争博物館を教えないわけにはいかないと思った。w  


 気がつけば、あっという間にたくさんの人で埋った展示会場。
 フランス兵たちに囲まれてしまった...彼こそ
 グレート☆コレクタ~、S君。  


 そろそろアペロよ。なマダムの一声で
 一斉に二階へ動き出すひとたち。
 マダム市長のミコトバを傍聴後、オレンジジュ~スを頂戴して
 友達と二人飛行機に乗り込み、我が家へ向かう。
 何にもないハズだと思い込んでいた冷蔵庫には、
 可愛いエビとカラフルな葉っぱ類がシャキっと生きていたので
 パスタとサラダで昼食を。
 その後、温かいお茶とりんご(FUJI)とビスケットをかじりながら
 暗くなるまで、お喋りしましたとさ。   


categorie :休☆日
TOP