Mlle.Bricolage - 復元 -



約、ヒト月前ほどから 進めているチビ作業。
1日、1時間、1ターゲット。
イチ度は眠りかけた(忘れられた、もしくは捨てられた)
ごく身近にあるモノを復元 ou 修復すること。





原型は、数年、数ヶ月前のこと。
自宅のアントレ辺りに 誰かに置き去られていたという
なんとも悲劇なソファー。
新品同様ではあったもの、革に埋め込まれたボタンがひとつ....
カバ~していた麻の布地が 疲れてきたようなので
今回は、完全リメイク。




新たなる、オムカイさん*



昨年、日本へ帰った際にみつけたモノ。
何処かへしまい込んで すっかり忘れていたものの...
命在るモノ、必ず現れるときが来るのだと。
今から80年以上も前に作られた小銭だけに、
かなり酸化が進んでいる。
当時は 捨てること許されない価値があったハズ。




彫金の仕上げと同じ要領で ピッカピカ☆
同年代の古布と記念撮影。w
アラま、増えてる!
今後、上手くリンクしてゆけそうな仲間だ。



フランスでも、一般的に敷金なんてものがあるのだけれど
入居時には 本当にキレイな状態であることが少ない。
その変わり、壁の好きな色に塗り替えたり
管理人の許す範囲内で ある意味自由がきく。コトも*
『修復不可能』と 簡単に諦めるコトが出来なかった
キッチンの 裸電球部門。
ようやくネコが歩ける程 安全と化☆
明日は、友達呼べるかナ。

categorie :TRAVAILS
TOP