Le ciel bleu + Le vendredi 21


Le ciel est toujours blue * 冬のアオゾラ





+ Ce petit dos qui parle comme la bouche… +

其ノ 小サキ、、、 背 ハ 口程 ニ モノ ヲ 言フ


今朝も、青空 が 広ガル。 o O

その 透明度 が 高い程 に 空気 は 冷たい。


早起きして、或る 顔馴染み の ムッシュ に 逢いにゆく。

、、、が いつも の お喋り な 小柄 の ムッシュ は 居ない。

しばし、入り口 で 放心状態 に 陥っていると、、、

中 から 聞き覚えのある 声 が 流れてきた。


親日家 の ムッシュ 2号 だ☆


「はい、おまたせぃ。」

「この前と同じで、この紙に書いてあるとおり。

 あ、それから。。。アレ は ダメ だった。 。。。みてのとおり。」

「そりゃ、アンタ アレ でしょ? コレ を チョット だけ で いいのに。」

「そうだよ、コレ を ほんの チョット だけ。なのに、、、みてのとおり。」

「確かに、、、コレ は チョット ね。じゃあ、ちょいと おまち。」







「はい、じゃあ コレ ね!」

「おっけい~♪」

「トコロで、アンタ どのへん?」

「んー、トウキョウより モット 緑が多いトコロぉ。」

「ヨコアマ!」

「アマ じゃなくって、ハマね。 w でも、ちがうんだ~」

「アタシ は 長年、夢見ているのさ。おじゃぽん、、、。
 昨日もね、いった!えーっと、なんていったかな?」

「あ、あそこね。」

「そそ、あそこ。」

「じゃ、よい一日を。」

「アナタ も ね♪」








+ Deux Petits Bols Espresso avec Flute de Noisettes +

エスプレッソボぅル と ハシバミの実 ノ フル~ト


足モト が ホカホカ してきても

手サキ は イッコウ に あたたまらにゃい。。。

マルシェ の 広場 を 抜けて、ちょっと 寄り道。


(チロリロリぃいいん)

「マドモワゼル、いらっしゃい」

「あああああ、ソレ ソレ ソレ!」

「コレ?」

「そう、譲ってもらえる?」

「もちろん。ほら、アソコ。よりどりミドリ でしょ?」

「あら、ホント だ。。。」





「お決まり?」

「うん、やっぱり コレ。あ、あと コレ も!」


以前、母 が 此処へ 来たときに

ランチ をした とても 雰囲気のある お店。

テーブルから下げられやう と した 小さな ボぅル。。。

と 同じモノ を ふたつ

そして、ハシバミの実のフルート と 題された

魅力的な楽器 を ひとつ 道連れに♪





(あっ、葡萄もはいっているぅう♥)

温かい 豆乳 と 魅力的な楽器、

ささやかな シアワセ を 感じる プティ•デジュネ フランセ (_^_)♪







Merci iPod * 音 を 楽しむ





殺風景な部屋 に 明かり が 灯る やう に、、、

今日も ピアノ の 音色 が 鳴り響く♫


渡仏した際 に 道連れ と なった 当時、 "新しかった" iPod は

すでに レトロ な モデル と 化。。。

然れど、其ノ 音色 焦ル コト ナカレ♪


あまり 縁がない と 思っていたけれど

ココへきて、とても 大切 な 存在 と なり。。。


朝 昼 晩、、、と 耳にする ピアノ の 音 は ココロ を 洗ふ。

Glenn Goldberg の やうに、、、

MONK の やうに、、、

Blossom Dearie の やうに、、、、、。

長年、触れるコト の なかった 鍵盤 に

触れてみたい と 切実 に 思った。。。











categorie :休☆日
TOP