スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categorie :スポンサー広告

Les motifs de tissus des annees 10-60 ~ 布オタクの休日 ~



先日、久しぶりに図書館へ。
現在、同館内にある映画館では、Wong Kar-wai作品が日替わりで
公開されている。『恋する惑星』、『天使の涙』.....
昔ビデオを買って観るほど好きだったナ。
10月は日本映画の特集が組まれてるのだそう。90%、小津さんと期待。w



迷子になる前に、意外と早くミツケルことができた目的のお品。
ちょうど日本の大正~昭和初期にあたる時代のテキスタイル
のモチーフたち。画像手前、若草色のカバーは30-40年代の
素晴らしくモダンな建物、生活用品、そしてテキスタイルが
見事に紹介されている。


コチラは ウィーン工房のテキスタイル・デザイン集。
1910 -1932年バージョン、日本の着物にも通じる絵柄が山ほど。
この本を開いた瞬間から、返事がうわの空になってしまった。
もう、コレ、返却するつもりはありません。(>v<)/



日曜日、エクスで行われた"Vide-Grenier"と呼ばれる蔵出し市より。
この少年のお顔を見るなり、頭の中でエコ~するのは
『ア~いむ ちゃっきぃ~イッヒッヒッヒ~』。。。
60年代、未使用の貴重なポストカード。
バスク地方の伝統衣装は、丁寧に刺繍されている。
まけてくれと言ったら、
『な~にいってんだよ、おいちゃんの長年のコレクションなんだからナ。』
と交わされてしまったモノの。買う!と決まれば
『しゃーないなぁああ』....とあっさり値切ってくれてた優しいおいちゃん。


categorie :休☆日
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。