スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categorie :スポンサー広告

A PARIS ~ 5年ぶりのパリ ~

 畑のヤサイも 枯れ木も 空も 冷え冷えの真っ白。
 まさに霜降月、最後の木曜日の朝、
 眠たげにバスに揺られてTGV駅まで。

 5年ぶりのパリと、その東の東の果て モントレイユへ。
 久しぶりの人たちや、初めての人たちに会いにゆく~*


 幾つかのギャラリーとブティック、リブラリーでのランデヴを終え
 日本食材を探しに。 滞在期間中は給食当番ってことで。(`v`)
 気がつけば あっという間に陽が落ちて。。。
 帰り際、少し歩いたパレ・ロワイヤル。
 ここへ来ると初めてパリに来た時のことを思い出す。
 二つ浮かんだ満月がとてもキレイ☆ なんて見とれていると...
 煙がモクモク、その煙の中から貴族たちがモクモクモク。o O


 冷たい雨降り、日曜日の午後。
 のんびりと昼食を済ませて、二人のラビ連れてブックサロンへ。
 とあるお偉方とのランデヴを終え、のらりくらり、クルリ@徘徊。
 なんだか気になってしょうがないブ~スは、
 や~っぱり日本のエディタさんだった。(`v`)
 そして、聞き覚えのある声、見覚えのある後ろ姿を発見☆
 それは「向こうで会おうね!」と約束していた絵本作家さんでした。
 これだけ沢山の人が溢れる中、ほんとにビックリでバッタリな瞬間。


 一回りしたら、BDコ~ナ~へ。
 それは、普段は決して足を止めたりしないであろう
 "マンガコ~ナ~"だったりする。(笑) そこに並ぶは、
 先月晴れて出版された 「NOTES SUR LE SUMO」。
 テキストは、当時全く無名であった横山裕一氏開拓の親!こと
 ムッシュL。イラストはRISTO。翻訳はマダムL&コクリコが担当。
 日本贔屓な皆で作った、ちょっと風変わりなお相撲さんの本。
 縦書きの日本語テキストが左から右になっているところが、
 日本気触れな外国人っぽくて、読みにくくて、不思議。笑


 最後の夜、本の出版記念を兼ねた囁かな晩餐会を。

 制作に携わったもう一人の仏ムッシュと、日美人が
 とってもステキな手土産を抱えてやって来た。
 AOKIさんって、その名を聞いた事はあったけれど
 ひとつひとつをちょい切りして、味わって~、ビックリ☆
 抹茶が、ゴマが! 何とも言えない懐かしい思いをのせて~
 あぁ、なんてシアワセな 。o O (^0^)Faaaa


 帰りの電車の中で。...と楽しみににしていた 24+1 の物語。
 サロンの一角、目に飛び込んで来たBruno Munariの大きなポスタ~。
 とってもレトロな作品がズラリ。
 そこには、某日本人ア~ティストの作品もありました。
 気になる小さな箱にギッシリと詰まった物語りは、
 40年代そのままのカラ~、 紙質までも
 見事復元されたE.Ivanovskyのミニ絵本。
 コレばっかりは....。 ちょっと贅沢な 自分へのお土産~。


categorie :BALADES
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。