MATIERE NIPPON YOKO et RISTO ~ 19日より開催~

毎年AIXで開催されているBD(マンガ)フェスティバルが
昨日18日、幕を開けました。
町の公共施設や美術館、書店などを巻き込んで各スペースで
様々なデシナタ~(漫画家)さんたちの作品が集結。
一番気になるのは、以下でてくる二人と~(笑)
フィンランドから招かれた14名のアーティストたち。
昨日の集いもそうだけれど、単にマンガと呼ぶよりか
芸術作品のイチ分野として高く評価されているような気がします。
今回の企画は、マンガ=おたく、な固定概念を打ち破りたい!!
という主催者の熱い思いが込められているようです。


こくりこは今回、企画&広報係~。(`v`)
横山裕一氏&RISTO氏の夢の合同展が実現する事に!!
知人でもあるエディションMATIERE、Bruel氏は、
当時全く無名であった横山氏の発掘の親にあたる人で
先日出版された相撲本のテキストも担当しています。
彼を通して結びついた"日本贔屓"な皆の想いが一つになって...☆


マンガは読まなければ全く興味もなかったコクリコでしたが
その "マンガ" に対する固定概念を変えた日本人作家さん二人
のうち、一人にあたる人。>> YOKO氏。
初めて目にしたパロルなし、騒音だらけのモノクロ作品は、まさに衝撃的!
去年東京で偶然見る事ができたカラ~作品に、すっかり惚れ込みました☆
ガラスのショ~ケースには、とってもカラフルな日本版カバ~の出版物や
プーペー(UNNNON)、そして Y'SとのコラボTシャツも。


これをみて、「あ!」って反応してくれる人がいるかしら。w
新しい仲間が加わった、RISTOの「コトバアソビ」シリーズ。
意味不明なようで、ちゃんと筋が通っている。。ような?
更にパワーアップしたカタコトニホンゴが
フランス人の皆さんに、どんな風に解釈されるのか。。。が
きになるところだったり。(@0@) Ca veut dire quoi!?
東京での展示会から、まもなく1年。早いな~*


ちょっぴりリアルに描かれた現代の日本女性と
どこか遠い、懐かしい風景が一つになって。。。
日本のエロスを取り上げた分厚いBOOKが大反響を呼んだ
アニエス・Gとのコラボとして、今年初夏には
パリとバルセロナのギャラリーでの展示会を予定しているのだそう。


お友達の皆には、お馴染みの!?
DOKIDOKI & WAKUWAKU と 小冊子 に加え
先に出版された相撲本も仲間入り。
こちらの本とカードは、グラネ美術館内でも販売されています。
去年銀座でみつけたコクリコの宝物は、
いつのまにか下敷きにされている。。。(><) Au secours!!


ウサギの面子がとってもカワイイ~*
重し代わりになっているのは、年代不明のチョコレート。w
駄菓子屋さんみたいだナあ。
また当分、ノスタルジー de ジャポンな日々が続きそう~。
来年は、また満開の!サクラの花がミレマスヨウ~に*


categorie :EXPO
TOP